肌の弱い人は使わない方が良いでしょう

"肌が強い人におきましても、肌への負担が非常に大きいために、脱毛クリームの過剰使用はあまりオススメ出来ません。
まずは取扱説明書をきちんと読んで的確な使用方法で使うようにしてください。
脱毛クリームというのは薬液を使いムダ毛を溶かす仕組みなことから、少なからず肌へダメージを与えることとなります。
このことから肌が弱い人というのは脱毛クリームの使用はなるべく避けた方が良いでしょう。
身体の悩みというのは誰もが持っているもので、中でもムダ毛の悩みは頭を抱えてしまうことでしょう。
ムダ毛の場合、洋服などで隠そうとしても夏場などには薄着や水着になったりするので脱毛が必要なのです。
初めて脱毛クリームを使用した時に、人によってかぶれや炎症を引き起こしてしまうケースがあります。
なので説明書の指示に従い、脱毛をする前には必ずパッチテストを行うようにしてください。"



肌の弱い人は使わない方が良いでしょうブログ:27 1 2020

ぼくには小学生のむすこがいますが、
軽いハンディがありまして、
そのために療育的な指導というのを受けています。

一週間くらい前、その指導でお世話になっている方と
ゆっくりお話しする機会がありました。

その時に、
「お子さんのことで何か困っていることはない?」と聞かれ、
思ったのが、
「学校の参観とか行くと、どうも切ない気持ちになる」
ということでした。

「どうしてそういう気持ちになるのかな?」と聞かれ

ぼくが答えたことは、
「お子さんのハンディは受け入れたつもりだけど、
やっぱり他のお子さんたちと比べてしまうから切ないのかな、いや〜でも…」

答えながら、
「うん?なんかしっくりこないなあ、本当のぼくの気持ちはどこにある?」
という感覚になりました。
そしてぼくはしばし黙って考えました。

それからぼくは、涙の予感を感じ、
ハンカチをカバンから取り出し、目に当て…

「う〜ん、なんかぼくが小学生の時、教室ですごい孤独で…
教室にいる時、ぼくは本当に孤立無援な感覚でいつもいたんだなって、
今、気がつきました…」
と、話している自分がいました。

だから、机の並んだ教室を見ると、
どこからともなく切ない気持ちが湧きあがってきた…
ということのようです。

孤独で、寂しくて、誰からも助けてもらえないと思い込んでいる
小学生のぼくの気持ちが、
「つらいよ〜、ぼくの気持ちに気付いてよ〜」と、
心の中から訴えてきていた…ようです。

誰にも助けてもらえないと思い込んでいたぼくは、
誰にも助けを求めず、結果、周りからは
「しっかりしていて、助けのいらないお子さん」に見えていたらしく、
逆に頼られてしまうという、ちょっとキツイ状況が生まれたのかな…
と思います。