肌の弱い人は使わない方が良いでしょう

"肌が強い人におきましても、肌への負担が非常に大きいために、脱毛クリームの過剰使用はあまりオススメ出来ません。
まずは取扱説明書をきちんと読んで的確な使用方法で使うようにしてください。
脱毛クリームというのは薬液を使いムダ毛を溶かす仕組みなことから、少なからず肌へダメージを与えることとなります。
このことから肌が弱い人というのは脱毛クリームの使用はなるべく避けた方が良いでしょう。
身体の悩みというのは誰もが持っているもので、中でもムダ毛の悩みは頭を抱えてしまうことでしょう。
ムダ毛の場合、洋服などで隠そうとしても夏場などには薄着や水着になったりするので脱毛が必要なのです。
初めて脱毛クリームを使用した時に、人によってかぶれや炎症を引き起こしてしまうケースがあります。
なので説明書の指示に従い、脱毛をする前には必ずパッチテストを行うようにしてください。"



肌の弱い人は使わない方が良いでしょうブログ:22 9 2019

昨日は久々にぐっすりねれました。

減量をしていると、
頑張ってもなかなか体重が減らなくなる、
停滞期というものに出くわします。

それまでは順調に体重が減っていたので、
どうしてもやる気が下がってきてしまうもんです。

減量を失敗する大半の人がこの時期に、
自暴自棄になり、やけ食いをしてしまったり、
減量を諦めてしまって、
せっかくの努力を水の泡にしてしまうんですよね。

でもね、
停滞期もいずれは終わるんですよ!
そして、また体重が減り始めるんです!
つまり、この時期をいかにして乗り切るかが
減量成功への鍵となるわけなんですね!

停滞期を上手く乗り切るために、
ミーは、何か楽しいことに没頭するようにしています。

減量以外のことに没頭して、
停滞期のことを忘れることが出来れば
イライラせずに楽しく過ごせますよ!

停滞期が終わるのを何もせずに待っていると
まだかな、まだかな…と焦って、
24時間24時間が長く感じてしまいますからね。

もし何も没頭するものが無い、
見つからないというのであれば、
ファッション誌を見ることをお勧めします。

減量に成功して、
痩せたらこんな服着たいなとか、
こんな髪型したいなとか、
想像するだけで楽しくなりますよ。

それに、
減量に対するやる気も一段と強くなりますよ!

停滞期は、体が痩せるための準備期間なんです。
停滞期があるからこそ、
健康的な減量ができるんです。

この時期を乗り切れば、
減量は次のステップに進みます。

停滞期を乗り切るコツは、決して諦めないことです。
減量のことを忘れられるような、
没頭できることを探して、
上手に、楽しく停滞期を乗り切りましょうね!

え?もう時間だ。仕事行ってきます〜