日本人はヒゲが似合わない

日本人はヒゲが似合わない


日本人はヒゲが似合わない
"男臭い人の場合、ヒゲを伸ばすことで似合うかもしれませんが、そもそも日本人というのは多くの人がヒゲが無いことで好印象となります。
ファッションの一部としてヒゲを伸ばす場合におきましても他のヒゲが濃いとバランスが崩れてしまうので注意してください。
ヒゲというのは、1日に平均0.2mm〜0.4mm程度伸びていくこととなります。
このヒゲというのは男性の象徴とも言えセクシーに見えることがありますが、ヒゲが濃くなってしまうと不潔なイメージが出てきますので注意しましょう。
最近では女性だけに限らず男性も脱毛に大きな関心と興味を持っています。
理想的な脱毛方法を知って、自分の納得出来る身体を目指しましょう。
ヒゲや無精ヒゲがファッションの一つとして似合う日本人男性というのはごく少数であり、多くの人は正直ヒゲはあまり似合いません。
日本人というのは外国人とは肌色が違うためにヒゲが目立ってしまうからなのです。"



日本人はヒゲが似合わないブログ:18 1 2020

おれは、農家の三女として生まれた。
父母はさぞかし男の子を期待していたことだろう。

農家の嫁でありながら、男の子を産めなかったお母さん。
おれが、もし男だったなら、
お母さんにはもう少し明るい人生があったかもしれない…

物心ついた頃から、おれは祖母のそばにいた。
祖母はいつもお母さんの悪口を言っていた。
幼い頃から聞かされていたので、おれもお母さんがきらいだった。
汚い、臭い、気がきかない…そういった言葉だった。

おれが小学生の時、学校からの帰り道、
今にも大雨が降り出しそうな午後だった。

遠くに人影が見えた時、嫌な予感がした。
だんだん近づいて来る…
やはりお母さんだった。

「わあい、お母さんだ」
喜んでかけ寄り、かさを受け取る…
それが普通のお子様の姿だろう。

「はい、かさ!」
おれは、無言でお母さんからかさを受け取った。

お母さんは、姉貴たちのかさも用意していて
おれとは反対の方向の学校へ向かっていった。

そのことがおれにはせめてもの救いだった。
お母さんと並んで歩いて帰るなど、ぜったいに嫌だったのだ。

「今の人、お母さん?」
仲間が聞く。
「うん」
おれは、それ以上何も言いたくなかった。

もんぺ姿のお母さんを仲間に見られたことが、
ずっしりと重くのしかかっていた。
お母さんはいつももんぺをはいて、汚ない格好をしていた。

お母さんはおしゃれな服など一枚も持っていなかった。
服を買うためのお金がないことも、
おれはお子様ながらに知っていた。

おれが目覚めた時、お母さんはすでにもんぺ姿である。
おれが眠りにつく時、お母さんはまだもんぺ姿である。
もしかしたら、寝る時も、
もんぺをはいているのではないかと疑ったこともある。

お母さんのもんぺは、赤い模様があったが、
色あせて疲れているようだった。
日本人はヒゲが似合わない

日本人はヒゲが似合わない

★メニュー

ムダ毛を処理したい部分にクリームを塗る
脱毛サロンに予約をしよう
わからないことは事前にしっかり確認
脱毛器選びは口コミ情報などをチェック
脱毛器の効果の根拠を確認
日本人はヒゲが似合わない
ヒゲは運動不足や栄養不足が原因
ヒゲが濃くなってしまう原因
自宅で手軽に使用でき使い方も簡単
肌の弱い人は使わない方が良いでしょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)夢実現!効果大の脱毛と脱毛エステ